読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P.E.S.

政治、経済、そしてScience Fiction

「ヒメアノ~ル」

前にも書きましたが、この映画を観て改めて思いました:日本映画面白いですよ!

f:id:okemos:20160609181452j:plain

事前情報はあまり無しに、古谷実原作というのとこのポスターの「めんどくさいから殺していい?」というキャッチコピーだけで、イヤ~な作品なんだろうなというイメージを持って観に行ったのですが、そしたらほんとにイヤ~な映画でとても良かったです。
 
ほんとにロクに知らないまま観に行ったので、映画館内のスクリーン入口の小さなポスターを女の子がスマホで撮っているのを見かけて、あれ、なんで?とか疑問におもったりしたのですが、なんとポスターの茶髪さん*1がジャニーズのアイドルの森田剛さんなんですね。映画観ててもこの森田さんがほんとに荒んだオッサン感を出していて、アイドルとは全く見えませんでした。賞賛してます。すっごく。
 

『ヒメアノ~ル』予告編
 
主要登場人物は4人、あるいは6人といったところなんですが、なんとなくドヨ~ンと陰鬱な画面の中、その誰もが変なので、上に書いたように事前情報ろくに無し観に行った私は、あっきらかにヤバそうな茶髪の森田さんだけでなく他の登場人物も一体いつ何をやりだすか知れたものじゃないと警戒してしまいましたので(ヒロインの女が実はヤバイ奴で!とかも想像していた)、まだ話が見えず、様々な可能性が広がっていた前半はほんとにヒリヒリしながら映画を観ていました。完全、個人的な事情による感想ですが、「知らない」ものを観に行く醍醐味でしたね。ですがたとえ原作を読んでいて話を知って観に行っていたとしても、色々見所のある映画だったと思います。その中でも特に完全予想外に見所だったのが、タイトルロールでした!タイトルロールでゾクゾクしたのなんて初めてな気がします。
 
後半は当たり前ですけど話が見えてきて、私の中でのヒリヒリ感が収まって行ったのですが、それでもその上でこの映画はこっちを驚かしてくれました。暴力描写です。観てて、これは韓国映画か!みたい暴力描写を積み重ねていくのですよ。いや、素晴らしいです。前に評を書いた「アイ・アム・ア・ヒーロー」も凄かったですが、あっちは暴力というよりもカラッとしたアクションシーンなのに対して、こっちは(主に)弱者への陰惨な暴力。そういう暴力を執拗にアイドルが演じて描くのは大したものです。しかも、ラストのラストは湿っぽくなりますが、途中は陰惨でありつつも乾いている...暴力だけでなく小さな嘘を平気でつく事で、茶髪の森田はポスターの述べる「2通りの人間」の此方側でない人間で有ることを細かく見せていきます。 
 
最近の作品で壊れた陰惨な暴力、というかポスターに書かれている「捕食者と被食者」を描いたものとしては、「凶悪」がありましたが、あっちがショッボイ「正義批判」でもって作品を下らなくしていたのとは違い、こちらは誰が悪いとか誰のせいだとかは関係なく(いや勿論、原因を作り出したような悪い奴はいるわけですが)、そうなってしまった存在との共存がもはや出来無い事を見せつけている映画でした(ラストはちょっと違うけど)。

*1:映画の中で金髪とか呼ばれてましたが、せいぜい茶髪程度なので、ちょっとそれに違和感がありました。